『森暮らし研究所』のイデア。




都会の暮らし。田舎の暮らし。街中の暮らし。


いくつかの型が用意された「暮らし」の中から、わたしたちは自分たちの生き方に最も合ったものを選択しています。


選ぶべきは、家族・仕事・趣向に関わる様々な事情を考慮した時に、一番折り合いが良い暮らし。もしも、選択肢の中に自分に合ったものがなければ、優先すべきもののために何かを諦めなくてはいけません。


それは自然であったり、広い家であったり、心地よいコミュニティーであったり。その何かが本当は諦めてはいけない大切なものかもしれないことに、為す術もないという思い込みからわたしたち現代人は目を瞑りがちです。


それならば、暮らし方を「選ぶ」のではなく「つくる」に発想を変えてみよう。


これが『森暮らし研究所』のイデアであり、研究テーマです。


既存の選択肢に存在しない暮らし方ををゼロから生み出すことで、「暮らし方をつくる」モデルケースを構築することをゴールとし、2016年より森際の拠点にて日々研究を進めています。


リモートワークが進み職場という縛りが緩んだ今は、暮らしづくりをする好機であるとわたしたちは捉えています。


薄れゆく人間らしい暮らしと生き方を取り戻すために。


研究と実践はつづきます。




9回の閲覧0件のコメント